ゆとり文系女子がIT企業に就職して3年目になりました

15卒の文系女子がプログラマーとして働く日常

「監獄」と呼ばれる出向先

どうも、佐藤です。

今日は私の出向先についてお話しようと思います。IT業界では請負、派遣、出向が当たり前です。大手なら特に。この業界の人は当たり前ですが、新入社員で入っている出向させられる身になった私は驚きました。だってフロアに200人いる内9割が出向や派遣社員。まじかー、って感じでした。まあだから愛社精神なんてもんはまるで無いです(笑)多分私に限らず。みんな言われたことだけやる、って感じですかね。それは協力会社単位で変わりますが。古参はまあいろいろわかってるからプロパーからしたら融通がききます。新参に関しては結構マイペースな会社もある。まあその方が精神衛生上絶対幸せだけど。

あ、忘れてました。

タイトルにもあるように私の出向先は「監獄」って呼ばれてます。都内の僻地にあって工場に併設されているためルールが一つなのでなんか謎にヒールは4cm以上はダメとか靴に安全上の制約がかかっていたり。まあ服は自由なので私の場合は自社規定内でならどんな服を着ていても怒られません。他社の人はTシャツジーパン当たり前って感じかな。そして何より辛いのがバス通勤。私の場合、三回の電車の乗り換えの末バスに揺られて職場まで行きます。この間二時間弱。いい加減にしてくれ。

望んでもいない出向先に飛ばされて(ただこれがうちの会社的には栄転扱い。あくまで扱いだけ)、しかも人が多すぎてフロアに収まりきらないから別のフロアに行かされたり臨時で会議室に仮のデスク作ったり。アホか。呼ぶならちゃんとデスクくらい用意しとけ。しばらくは知らないおっさんと会議テーブル半分こして使ってました。今はいろいろあって一人用のデスク使ってます。

あと普通大手って空調きかせてくれるじゃん??あんなの嘘。冬は寒いし夏は暑い。自社の方がよっぽど過ごしやすい。

そして自社だったらオフィス街なので周りに飲食店がいくらでもあるから気分転換できるんだけど、出向先は僻地の住宅街。近くにはスーパーとコンビニしかない。しかも昼休みたったの45分だから基本的に外には出ません。往復で15分くらいかかるし一々階段4階まで上がるのも面倒だし。一応食堂や売店もあるけどてめえと提携してる会社に一円でも利益を出して貯まるかって思ってるので自販機以外使いません(笑)

出向や派遣が多いからガチガチにルール決めるのはいいんだけど本当に監獄。

 

一刻も早く脱獄したいです。

 

プリズン・ブレイク観て研究するべきかな……