ゆとり文系女子がIT企業に就職して3年目になりました

15卒の文系女子がプログラマーとして働く日常

ある日突然会社に行けなくなった話

お疲れ様です、佐藤です。

仕事のメールに慣れすぎてLINEとかでも友達相手に定型文で書き始めるのやめたい。みんなはならないのかね。
はい、今回はすこしだけ、ほんの少しだけショッキングなタイトルから始まっていますが、私はある日突然会社に行けなくなりました。ほんと最近です。今はまあなんとか毎日職場に行けるようになりました。
ある日いつものように朝起きて、お弁当を作って、化粧をして、着替えて、ドリンクボトルにお茶を入れて、鞄に諸々詰めて、玄関でパンプスを履きました。ここです。ここまで準備してこの段階で玄関を出られませんでした。私が家を出る時間は大体7時。会社につくのが8時40分。仕業は9時。しばらく玄関で立ち尽くして様子を伺いました。右肩にはちゃんとバッグを掛けていました。自分でもどうして玄関から出られないのかもわからないし、時間は刻一刻と迫ってきている。なのに、出れない。
私は多少の体調不良や行きたくないな〜というただ面倒だからという堕落した考えがまっっったく理解できない人間でした。中高皆勤。大学も出席率は9割超え。単位も卒業に必要な単位よりかなり多く取っていました。科目も多め。ガリガリに勉強してるわけではなかったですが、ずっと真面目ちゃんでした。小中高と担任の先生とかには好かれていたタイプだと思います。親には「無意識の猫かぶり」とか言われてましたが(笑)基本的にめっちゃ空気読む子供って感じでした。空気読み過ぎて高校の親友には気持ち悪がられるレベルでした。一般的な家庭で育ちましたが、平均に自分がいかに近くいられるかってことを気にしすぎてたんだと思います。
そうそんな私がなぜ会社に行けなくなったのか。これは原因はたった一つ。大きく言ってしまえば、出向先での私の扱いでした。
私は出向先に来て、「プログラマー」として働いてはいますが実態はエクセルしか触っていませんでした。まあ新人がよくやらされるドキュメントの整備とかですね。それを5ヶ月間やらされていて、いきなり何の知識もない私が他社の協力会社の人と二人で一つのチームになりプログラムの修正を割り振られました。その人をAさんとします。Aさんは50代後半の小さいおじさんです。私より背が低いハゲかけたおじさんでした。その人とは同じプロジェクトにいたものの全く違うチームにいた為ほぼ初対面でした。Aさんは私のスキルを全く知らないので、一つタスクを渡されて「出来るところまでやって欲しい」とのことでした。私にとっては研修以来のそれらしい仕事。周りから似たような話を聞いていたので(きっとテストの手伝いとかだろうな)って思ってました。これで「ちゃんとした」仕事が出来る!って思ってました。私が甘かった。渡されたのはPL/SQLのモジュールとパッケージと変更仕様書仕様書のとおりに修正してテスト仕様書を作り、テストデータを作ってある程度網羅したテストをし、報告しろって内容でした。もう既にポカンです。テストなんて仕様書もデータも揃ったものしかやったことがなかったし、そもそもテスト仕様書なんて書いたこともない。PL/SQLもわからないし、変更仕様書の見方もわからない。そんな中、悪戦苦闘しながらその仕事を始めました。ここからが地獄でした。
わからないことがあるとまず自分で調べる→それでもわからない→自社の先輩に聞く→それでもわからない→Aさんに聞く、これを繰り返していました。そもそもバリバリの先輩でもわからない修正をなぜ私にやらせる。そう思いながら私なりに頑張っていました。すると、自社の先輩に「もう私に聞かないで」と言われました。先輩は先輩ですごく忙しい時期だったらしく、私にはもうかまっていられないと。それは仕方ない。もうここからは完全に私はAさんとしか関わらなくなります。
まずこのAさんはそもそもが他社の人です。私を育てようとか1ミリも考えていません。それに質問した時に毎回舌打ちされてました。

「あの、すみません。お時間いいですか」
「なに」(モニターから目を離さない)
「ここがうまくいかないんですけど……」
「チッ」

私はもうこれが無理でした。え?そんなの当たり前じゃん、っていう人も少なくないかも知れません。私の心はこの時点でポッキリ折れていますが仕事です。聞くしかありません。

「すみません、こうだと思ったのでここをこう修正してこのパターンのデータで試して〜〜〜(頑張って精一杯の説明をする)」
「何言ってるのかわからないんだけど」(モニターから目を離さない)
「…………」

これが縁が切れるまで三ヶ月続きました。ゆとられて生きてきて親以外の大人にほとんど叱られたこともなく、自社の人にも基本的に優しく教えて貰っていた私はここで耐えられませんでした。まあ、耐えられないといいながら仕事には行っていたんですが。そんな中、突然、あの玄関から出られない日が来たんです。Aさんと仕事し始めて1ヶ月くらいですかね。取り敢えず部長に体調不良という名目でお休みをもらいました。取り敢えず午前休を。午後になったら行けるかもしれない。まあ午後と言っても昼休み明けの始業に間に合うには家を11時に出ないといけないんですけどね。結局その日は一日休みました。玄関から部屋に戻って、化粧を落とし部屋着に着替えひたすら寝てました。とんでもない罪悪感でした。
私は3ヶ月これを繰り返して体がついていかなくなると休む。それ以外は頑張って働く。だいたい2週間に1回くらいお休みもらってました。体調不良っていう名目で。まあそんなことしてると上も気づくわけですよ。こいつ何かあるぞ、と。わたしは一度差し伸べられた手を払いました。部長が「何かあったら言えよ」くらいの感じだったのでさらに言いにくかったですね。向こうは向こうで気を遣ってるのわかるし。昨年度はそれで有給全部使いました。やらかした。それでもなんとか仕事に行っていた私ですがついに恐れていたことが起きます。電車に乗れなくなりました。三回の乗り換えが毎度毎度しんどい。目の前に電車が来てるのに乗れない。乗れても今度は降りなきゃいけない駅で降りれない。だからただでさえ早く家を出てるのにさらに早く家を出て多少乗り過ごしても戻ってこれるだけの余裕を持って出勤してました。本当に地獄です。それだけ苦労して職場に行ってもまたあの扱いを受けるだけってことはわかりきってるし。もうほぼパニック障害一歩手前だったと思います。そこでちゃんと元の生活に戻さなきゃ、と思い課長に相談してプロジェクトを変えてもらいました。そんなこんなでなんとか今は普通に生活できてます。
同期にはもっとがんばれたんじゃない?とか言われましたが、やっぱりあの苦しみはそうなった人にしかわからないんじゃないかなと思います。もともと私も仕事行きたくないとか甘え、って思ってた人間ですから。
まあ今なんとかなってると言えど、出向先が嫌いなことに変わりはありません。お金のために頑張ってはいますが。
友達に愚痴ってもストレス発散にしかなりません。やっぱり自分でどうにかできないと思ったら上に言うべきです。上がどうしようもなかったらもうそれはなす術なしってことになっちゃうんですけどね…。でも、部下の仕事環境を整えるのも上司の仕事です。遠慮なく言っていいと思います。
というわけで、今日はそんなお話でした。今悩んでる方が少しでも前に進めますように。