ゆとり文系女子がIT企業に就職して4年目になりました

15卒の文系女子がプログラマーとして働く日常

佐藤、監獄を脱する

どうもプリズン佐藤ブレイクです。

 

ええ、例の出向先を離任しました!パチパチパチ

先週突然言われたので七月からは一時的に本社勤務です。通勤時間四分の一。最高。朝のラッシュは明日からの方がしんどいですが電車に乗る時間はたったの15分。このくらい全然我慢できます。お昼もお店で食べれるし。あー幸せ。まあ次の出向先によってはまた僻地に飛ばされる可能性もありますが。今はこの幸せを噛み締めます……。

監獄を離れるに当たって何の悔いもありません。まあ精神衛生上あの環境は酷いとしか私は言えないのでどちらかというとあんな所に戻りたくないってことだけですね。学んだことがないとは言いませんが、監獄じゃなくても学べたことです。あの職場で得たのは私も精神的にやばくなると仕事に行けなくなるんだなーってことだけです。知りたくなかった。監獄の悪口なんていくらでもでてきますがあんまり言うとバレそうなので(笑)

金融系でしたがどちらかといえば金持ち向けのサービスだったのでわたしが恩恵を受けることもなく。いやー、去年9月から10ヶ月。頑張った気がします。気がする、と言うのは自分でもよくわからないんてすけど、精神的にやられて上に相談した時に言われた言葉。

 

「仕事でミスったって死ぬわけじゃないんだから、もっと楽に捉えていいよ」

 

うーん、これは私としてはマイナスに捉えちゃったんですけど普通ならプラスに捉えるんでしょうね。(笑)楽に捉えていいって言ってもマイペース過ぎてもダメだし遅れが出たら怒られるわけだし……上っ面だけの言葉に聞こえたんですよね。まあそれは置いといて。

明日から本社です。

たのしみです!

 

 

ろくに進捗管理も出来ない奴ら

どうも、キレてます佐藤です。

 

私は今の自分の作業自体落ち着いているのですが、どうやら別のチームの進捗がやばい様子。その割に無駄な会議ばかりしてるように見える。まあ私には関係ないし〜とタカをくくっていたところ飛び火しました。

今手が空いている人にテストだけ手伝ってもらいたいとのこと。まさかの土日も。ぜってえやだと思ったのでそのまま伝えました。

「土日は予定があります」

まあ私部外者なので。売る恩も無ければ返す恩も無いし救おうとも思わないので。タラタラやってた奴らが悪い。でもせめて平日は手伝ってもらいたいとのことなのでまあ今特に急ぎの作業もないし断ったら上に怒られかねないので引き受けることに。書き殴ってるので日本語の順番がおかしいのは許してください。そのくらいキレてます。

 

そしておそらく声かけてOK貰えた人を集めて明日以降の詳細を周知するためミーティングをすることに。 そこでも私はキレてました(笑)

そのプロジェクトのチームのメンバーが説明に来たんだけど態度が上から過ぎてやばい。あれは人にものを頼む態度では決してない。やる気なんてそもそもゼロなのにもう一気にマイナス。しかも割り振るはずの作業もまだ誰に何を振るか決まっていない為また明日以降に声をかけるとのこと。このミーティングは何なんだクソが。もう定時近いんだぞボケエ。とか思いながら座ってました。基本私口悪いですすみません。しかもテスト作業も画面系なのかデータ系なのか全くわからず。

そして翌日、メンバーは10人近くいるのに会議の招集は2人にしかメールがいっていなくてそれ以外のメンバーはCCできてたからスルーしてたら

「佐藤さん会議やりますんで」

とか言われてムカアッとしながらミーティングに参加。画面系のテストでまあ簡単に説明受けてあとは定義書見て的な感じでとりあえず着手。

うーんなんだこのシステム。グルーピングされ過ぎててどのページに飛べばいいのかわからん……。ってなりつつ今日中に終わらせろってことになったので残業。なんで手伝って上げてる身分で残業せなあかんのや。それも仕事って言われればそれまでなんだけどそもそもこの状態まで放置してた人の気が知れないわ。ってことが金曜日でした。なんか今日も作業あるみたいなのでまあなんとか頑張ります。

 

次回、「佐藤監獄を脱する」お楽しみに!

吾輩は放置社員である

名前は佐藤です。

 

どうもです。いやー暑いですねー。

タイトルです。

 そうです。私いま放置社員なのですが、バリバリ働いてる方にとっては放置社員とはって感じですよね。

ご説明します。

 

バリバリ仕事できる方たちってもちろん経験も知識も豊富なので複数のタスクを抱え、そのタスク内でスケジュール管理をし、成果物をあげていくというスタイルだと思うのですが、私は生まれたての小鹿状態なのでそのタスクの中から割り振られるわけです。ただそのタスクが終わってしまえば親鳥を待つ雛のように次のタスクを与えられるのを待つしかないわけです。そして私は待ちます。しかし待てど暮らせど指示は降りてきません。はい、放置されていますね。仕方ないので指示を仰ぐメールを送ります。二時間後くらいにやっと無理やり見つけてきたようなタスクを渡されます。これをここひと月繰り返していますがお前に居場所はないと言われているようなものです。むしろ口で言ってくれ。訴えてやる。

 

「自分から行動しろよ」

と思ったヤツ前に出てこい。ここは出向先。シュレッダーをかける書類すら管理されるガッチガチの体制の中肩身の狭い思いをしてデスクに座ってるんだ。これ以上どう頑張れって言うんだ。いくらでもアドバイスはあると思う。自分でも思いつくし

 

「先輩に仕事ください!って言いに行く」

→永遠に待たされる

「勉強のため先輩の仕事を見せてもらう」

→ウザがられて終わり

「部長に指示を仰ぐ」

→先輩間でたらい回し

「空いている時間を資格の勉強に当てる」

→既にやってるけどそれでも時間は余る

「本社に訴える」

→一番無駄

「辞める」

→お金の為にはここにすがりつくしかない

 

はい、私には何も出来ないんです。

被害妄想激しいって言われるかもしれないし、このくらい普通じゃない?って方もいるかもしれません。そもそも出向先が嫌、プロパーが嫌、上司が嫌だともうどこにも頼れないんですよね……

 

今後は放置社員を極めたいと思います。

前向きにね!!!!!

 

設定温度-1℃とUSB扇風機100台

どうも、佐藤です。

 

梅雨とはいえ暑いですね。寝苦しい。既にエアコンと扇風機ダブル稼動の佐藤です。

さてさて、タイトルです。

 

監獄と言われている職場ですが、大手のわりにすごくケチくてですね、夏はクソ暑いし冬はクソ寒いです。なのでフロアに200人くらいいる内6割くらいのデスクに個人のUSB扇風機が置いてあります。最初はなんでみんなこんなに扇風機デスクに置くんだろうとか考えてましたが今ならよくわかります。暑い。普通に暑い。そこでちょっとだけこそこそっとエアコンの設定温度を確認するとこの広いフロアには3機のエアコン。設定温度は28/28/26℃。うーん頭おかしい。USB扇風機稼働×100とエアコンの設定温度-1℃ならどっちが利口なんだろうか。私にはわからないけれど。

多分ガチガチのセキュリティ規約や防犯防災対策で窓も開けられない職場なので年末の大掃除の時ですら窓を開けられずそのままホコリが蔓延しているフロアで納会をするため寿司にはホコリが降り注ぐ……私は食べられない……みんなは平気でバクバク食べてるけども。

話が逸れましたがおおきな会社→正社員じゃない人(派遣、出向、請負)が多い→ルールガチガチ→頭おかしい、って流れになってます。

私か死ぬほどここをやめたかった瞬間はパテーション(天井までのヤツ)で区切られた部屋(窓が南向き)があまりにも暑いから温度を下げて欲しいと出向社員の方がプロパーに伝えたところ

 

「本当に暑いか僕らにはわからないので1ヶ月間この紙に1日4回室温を記録してください」

 

って言われてマスがたくさんの書き込み式の表と温度計を渡されてるのを見た時だよ。

本人も普通にびっくりしてたけど(笑)設定温度下げるのにそんなことが必要なのかね。かなりの人がUSB扇風機とうちわや扇子を併用してるんだけど、個人の効率考えたら絶対的にエアコンの温度下げるべきだと思うんだけどなー。

 

でもきっとこの職場は永遠にこうなのでしょう。

「何?じゃあこうすればいいわけ?」

どうも佐藤です。

わたしはてなブログ始めたばっかりなのでよくわかっていませんがスター?ありがとうございます。共感してくれたりまあ何かしら思っていただけたようで嬉しいです。いつもテンション低めですがちゃんと嬉しいです。最近少しずつですが閲覧数もアップしてます。嬉しい限りです。

 

さて、タイトルです。

「何?じゃあこうすればいいわけ?」

これは佐藤が昨日聞いた台詞です。

ちなみに 近くのデスクの先輩→後輩 です。

佐藤はこれを聞いてビビってたわけですが、流れはこうです。

後輩くんが先輩からの依頼でテスト作業をしています。仕様書データ全て後輩くん自作のようです。そのままテスト作業に入りうまくいかないテスト項目があったのでしょう。途中で先輩に言いました。「ここおかしくないですか?」と。はい、この台詞が沸点の低い先輩の逆鱗に触れたわけですね。その後に続いたのがタイトルの台詞です。さらに言えば

「何?じゃあこうすればいいわけ?」カタカタダダダッタンッ

って感じで目の前でプログラム修正してキレてました(笑)

うーん、後輩くんはそもそも必要の無いテスト項目をトライしまあ想定外の動きになったので先輩に言ったようです。でもそのテストパターンを判断する仕様を彼は知らされてませんでした。はい、よくあるパターンですね。私もやらかしたことあります。テスト仕様書作ってパターン並べたら半分位消されたことあります(笑)

でもどちらかといえば言葉が足りなかったり必要な情報を与えてなかった先輩が悪いと思うんですよね。後輩くんは確認しただけだし。デモ世の中は理不尽の極みなので後輩くんが怒られて終わります。私があの後輩くんなら帰宅中の電車の中で先輩抹消計画を立てるレベルです。いやー、よく耐えるねー。まあこんなことは日常茶飯事なんですが、本当にこの職場情報伝達が幼稚園児の伝言ゲーム以下なんですよ。というかそもそも次に伝わらない。言いもしない。連携のレの字もない。最悪なやつ。それで何度トラブっても学ばない。というかそれをまだここに来て1年弱の私が分かってしまうというなんとも情けない職場です。企業の名前だけは大きいですが。本当にこんなビッグデータを扱う金融系のシステムをなんでこんなレベルのところで作れるんだろうって毎日疑問です。

 

私こんなに愚痴ってていいのかなー

決してブラックではないけどホワイトでもない

どうも佐藤です。

 

世の中やれブラック企業やらサービス残業やら言われておりますが、佐藤はありがたいことになんとかそれは回避出来ております。(経理の小さな抜け穴は除いて)

 

さてさて、私は出向している身なので給料は自社から貰う形です。そして申請した分はきちんと残業代を貰えてます。いやー、ありがたい。まあ当たり前の話なんだけども。

そして佐藤は基本的に月の残業五時間超えません。すごくホワイトな感じ。うんうん。

ここまで聞けば全然監獄も悪くないじゃん!ってなるんですが、ここからはよくある話で。

自社だったらうちの会社は等級にもよりますが、基本的に定時以降どの時間帯も残業代がつきます。ただ、出向する社員は出向先に合わせた時間換算のため、定時後の「休憩時間」は残業代が出ません。最悪。それが私の場合は定時後30分と19時台、21時台にあります。つまり、定時後21時まで働いたら自社なら3時間分残業代がつきますが出向先だとそこから1時間カットされ2時間分しかつきません。そうです。実質の残業と残業代は決してイコールではないんです。もちろん休憩時間なので休憩していいんですがこっちとしては早く帰りたいのでまあそんなもんはないようなものです。帰って出来ているご飯を食べお風呂も沸かしてあるという恵まれたジジイどもがたらたらたらたら残業してるのでこっちとしては余計に腹が立ちます。上の人たちはみなし残業の方が多いのであんまり関係ないんですよね。腹立たしい。もちろんその人たちだって苦労してないわけじゃないってことはわかります。ただ絶対的「父親が職場でこうだったら嫌だな」ラインを越えている人が多すぎるってだけで。

休日出勤に関しても当初先輩には年に数回あるかどうかだよ、と言われていましたがわたしは出向して二週間後に即休日出勤入れられました。それも私が携わっていない全く関係の無いプロジェクトの補助要員として。そりゃうちの会社にしたらその分お金は貰えますが私にしたらそんなもんどうせ代休取らされて休日出勤はチャラになるんだから最悪です。基本的にわたし土日は遊ぶスケジュールがみっちり詰まっているので(笑)

部長も軽くセクハラ気味の人だし高圧的な人多いし、ゆとりという名のぬるま湯でホカホカ育った私にはまあしんどいです。

でも「お前実はゆとり世代だろ」みたいな考え方や言動をする40代の方もいます。そういう人が上につくと仕事は楽ですがさらにその上から怒られる可能性は格段に上昇します。めんどくさい。

 

あとは「帰りにくさ」ですかね。

うちの会社は契約上9時始業ですが、他社の出向社員さんは10時だったりします。そうすると私の定時は他の人の定時とは限らないのでまあ帰りにくいです。それにそもそも定時であがる人がまあ少ない。時間内に終わらせるのがプロだろと思ってる私としては理解できませんが。というか定時後から本気出す人が多すぎる。このことはまた別途記事にしようかと。

そんな中わたしは定時のチャイムと同時に颯爽と職場から消えます。だってあんな空間に1秒たりとも居たくないし。

 

法律上決してブラックではないですがだからと言って純白とは限りませんね。

「監獄」と呼ばれる出向先

どうも、佐藤です。

今日は私の出向先についてお話しようと思います。IT業界では請負、派遣、出向が当たり前です。大手なら特に。この業界の人は当たり前ですが、新入社員で入っている出向させられる身になった私は驚きました。だってフロアに200人いる内9割が出向や派遣社員。まじかー、って感じでした。まあだから愛社精神なんてもんはまるで無いです(笑)多分私に限らず。みんな言われたことだけやる、って感じですかね。それは協力会社単位で変わりますが。古参はまあいろいろわかってるからプロパーからしたら融通がききます。新参に関しては結構マイペースな会社もある。まあその方が精神衛生上絶対幸せだけど。

あ、忘れてました。

タイトルにもあるように私の出向先は「監獄」って呼ばれてます。都内の僻地にあって工場に併設されているためルールが一つなのでなんか謎にヒールは4cm以上はダメとか靴に安全上の制約がかかっていたり。まあ服は自由なので私の場合は自社規定内でならどんな服を着ていても怒られません。他社の人はTシャツジーパン当たり前って感じかな。そして何より辛いのがバス通勤。私の場合、三回の電車の乗り換えの末バスに揺られて職場まで行きます。この間二時間弱。いい加減にしてくれ。

望んでもいない出向先に飛ばされて(ただこれがうちの会社的には栄転扱い。あくまで扱いだけ)、しかも人が多すぎてフロアに収まりきらないから別のフロアに行かされたり臨時で会議室に仮のデスク作ったり。アホか。呼ぶならちゃんとデスクくらい用意しとけ。しばらくは知らないおっさんと会議テーブル半分こして使ってました。今はいろいろあって一人用のデスク使ってます。

あと普通大手って空調きかせてくれるじゃん??あんなの嘘。冬は寒いし夏は暑い。自社の方がよっぽど過ごしやすい。

そして自社だったらオフィス街なので周りに飲食店がいくらでもあるから気分転換できるんだけど、出向先は僻地の住宅街。近くにはスーパーとコンビニしかない。しかも昼休みたったの45分だから基本的に外には出ません。往復で15分くらいかかるし一々階段4階まで上がるのも面倒だし。一応食堂や売店もあるけどてめえと提携してる会社に一円でも利益を出して貯まるかって思ってるので自販機以外使いません(笑)

出向や派遣が多いからガチガチにルール決めるのはいいんだけど本当に監獄。

 

一刻も早く脱獄したいです。

 

プリズン・ブレイク観て研究するべきかな……